自然素材を使った家を建ててくれると好評|後藤工務店の魅力を解説

家を建てる

つみきの家

設計事務所との違い

注文住宅を建てる時、悩むものといったら、どこに依頼したら良いかと言うことです。ハウスメーカーに依頼したり、設計事務所に依頼したり、工務店に依頼したりしています。そして、様々な会社の中から自分の理想の家を作ってくれるところを選ぶのです。そんな数多くある家を建ててくれる会社の中に後藤工務店があります。後藤工務店は、設計事務所と異なる点が多々あります。そんな違いについての説明します。後藤工務店は、自分の仕事に誇りをもった職人が毎日、匠の技を引き出して家を建てているのです。長年培ってきた技術が住む人の笑顔を絶やさないことに繋がります。また、こだわりのある和の家を作ってくれるのです。昔の伝統の家を建てながら、リビングに家族が集まる流行りの家を作っています。まず、問い合わせや相談を行なった後、現地調査をし、間取りプラン、見積もりの提出となります。それで問題がなければ契約となります。そして、内装などのカラーコーディネートをし、施工かスタートします。完成したら、検査をしっかりと行い、受け渡しとなります。このように、後藤工務店ら、しっかりとサポートしてくれるのです。また、家を建てる時、一つ一つの作業に関して、これからその家に住む人たちたら確認しながら家を建てていってくれるのです。また、アフターケアもしっかり行なっており、最長、家を建ててから30年定期検査を行なっています。また、築年数に関係なく、困った時はいつでも迅速に徹底してケアしてくれるので、家を建てた人のことを考えて対応してくれるのです。